睡眠部屋

超不定期日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

設定『監獄都市:1;』

取り敢えず何本かシリーズとして書いてる監獄都市の設定です
『甘獄と青』を全部読んだ人じゃないと分からない部分もあるかもしれませんが
そこは御愛嬌ということで勘弁して下さい
しかもネタバレありなので、興味がある人はSSを読んでからの方が良いと思います

・まずは世界設定から
『甘獄と青』のメインヒロインの一人であるサラは、19歳のときに大罪を犯します
半年後には、有罪判決を受けて見事SSSランクの大罪人となりました
そのときに出来た制度が『監獄都市のシステム』です
これは作中でも青が言っていますね?


・監獄都市ってどんなとこ?
シャバから隔離されているだけで、
基本的には自分達が住んでいる街と同じです
『甘獄と青』のシャーサが居たお屋敷も、そっちにあります
他にも『暗黒刑事ヘドロの魔法幼女大作戦』の虎蔵達の実家や
『首吊りラプソディア』の基本的な登場人物の実家も外にあります

と言うか監獄都市の管理局局員は公務員なので、当然ですね?
警察のような役割なので、犯罪歴が付いたらアウトです


・管理局って何さ?
警察と市役所を兼ねたようなものです
青のような良い人も居れば、悪い人も居ます
自分から罪を被った青は勿論少数派で、基本的には市民は犯罪者ばかりですから
それを取り締まったり、あるいは手助けをしたり、というのが管理局局員の仕事です


・シンボル
監獄都市には、それぞれのシンボルがあります
これは話の本筋のヒント、と言うか軽いネタバレ用に入れてます

例えば『甘獄と青』の正ヒロインはナナミなので、メカメかしく時計塔に

『暗黒刑事ヘドロの魔法幼女大作戦』では描写されてませんが、
実は都市の中央に二重螺旋の塔があります
これはメインヒロインのリリィがひねくれ者であることと、
双子キャラであることの証明です


まだ完結させていない『首吊りラプソディア』の舞台である
第36番監獄都市のシンボルは巨大樹
『君と僕の寂しい生活』の舞台である第7番監獄都市のシンボルは写真館

ここから先はエンディングまで分かるネタバレなので書きませんが、
それぞれに意味をはっきりと持たせています
スポンサーサイト
  1. 2009/10/20(火) 00:00:00|
  2. SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

設定『監獄都市:2;』

今回は監獄都市シリーズのギミックの一つである機械人形の設定紹介です

・『機械人形』って何さ?
文字通り機械で動く人形、平たく言えばアンドロイドです
外見は限りなく人間に近いですが、瞳などをよく見ると違いが分かります
これは作中で青も言ってましたね?
今のところ女性型のものしか出していませんが、勿論男性型のものもあります
自分の脳内プロットの一つに、これが主人公になっているものがあります
まだまだ書けませんが


・『感情回路』?
『甘獄と青』のメインヒロイン、ナナミは中盤まで感情はありませんでした
それは作中で書かれている通り、自分で破壊したからです
機械人形の個性は論理的に物事を考える『思考回路』と感情を司る『感情回路』の
二つで作られますが、『感情回路』が消えると無感情になってしまいます
尚、『感情回路』にも効果が強いものと弱いものがあり、
それも個性の変化に繋がります
ナナミは強力なものを付けたので、少し嫉妬深いものになりましたね?
逆にお屋敷に居たときは、それが弱かったので青に想いを伝えられませんでした
その結果、自分の回路破壊に繋がった訳です


・武器について
ナナミやユカリは(自分の趣味で)パイルバンカーを使っていましたが、
大きく分けると武器は基本的に二種類になります
1:パイルバンカーなどのように装備する後付けタイプ

2:『暗黒刑事ヘドロの魔法幼女大作戦』の主人公である虎蔵の敵、
『Dragneel Danceing Dall』(以下『D3』)のように各自で内蔵しているタイプです

前者は応用が効きますが、それ故に癖が弱く決定力に欠けます
ユカリの使っていたものはサラが作った特殊なものなので、
あれだけの威力があった訳です
逆に後者は取り替えが出来ませんが、専用にカスタマイズされているので強いのです
一長一短といったところですね


・特殊な機械人形
シャーサは後半に機械人形となって出てきましたが、人格や意識は本物です
あの世界にはワープシステムが存在しており、それの応用によるものです
詳しい説明は次回にしますが、その人の人格を機械人形の思考回路に適用させるのが
シャーサのとった方法でした
これは、あの時代の金持ちが使う方法です
お金も欲も執念も、どれも一定ラインを越えないと出来ませんからね

今回はこれで終わりです
  1. 2009/10/19(月) 00:00:00|
  2. SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。