睡眠部屋

超不定期日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

設定『監獄都市:2;』

今回は監獄都市シリーズのギミックの一つである機械人形の設定紹介です

・『機械人形』って何さ?
文字通り機械で動く人形、平たく言えばアンドロイドです
外見は限りなく人間に近いですが、瞳などをよく見ると違いが分かります
これは作中で青も言ってましたね?
今のところ女性型のものしか出していませんが、勿論男性型のものもあります
自分の脳内プロットの一つに、これが主人公になっているものがあります
まだまだ書けませんが


・『感情回路』?
『甘獄と青』のメインヒロイン、ナナミは中盤まで感情はありませんでした
それは作中で書かれている通り、自分で破壊したからです
機械人形の個性は論理的に物事を考える『思考回路』と感情を司る『感情回路』の
二つで作られますが、『感情回路』が消えると無感情になってしまいます
尚、『感情回路』にも効果が強いものと弱いものがあり、
それも個性の変化に繋がります
ナナミは強力なものを付けたので、少し嫉妬深いものになりましたね?
逆にお屋敷に居たときは、それが弱かったので青に想いを伝えられませんでした
その結果、自分の回路破壊に繋がった訳です


・武器について
ナナミやユカリは(自分の趣味で)パイルバンカーを使っていましたが、
大きく分けると武器は基本的に二種類になります
1:パイルバンカーなどのように装備する後付けタイプ

2:『暗黒刑事ヘドロの魔法幼女大作戦』の主人公である虎蔵の敵、
『Dragneel Danceing Dall』(以下『D3』)のように各自で内蔵しているタイプです

前者は応用が効きますが、それ故に癖が弱く決定力に欠けます
ユカリの使っていたものはサラが作った特殊なものなので、
あれだけの威力があった訳です
逆に後者は取り替えが出来ませんが、専用にカスタマイズされているので強いのです
一長一短といったところですね


・特殊な機械人形
シャーサは後半に機械人形となって出てきましたが、人格や意識は本物です
あの世界にはワープシステムが存在しており、それの応用によるものです
詳しい説明は次回にしますが、その人の人格を機械人形の思考回路に適用させるのが
シャーサのとった方法でした
これは、あの時代の金持ちが使う方法です
お金も欲も執念も、どれも一定ラインを越えないと出来ませんからね

今回はこれで終わりです
スポンサーサイト
  1. 2009/10/19(月) 00:00:00|
  2. SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<設定『監獄都市:1;』 | ホーム | 日記は久しぶり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://87830000.blog89.fc2.com/tb.php/17-9830b44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。